名前の意味 A~C

「名前の意味」…C

<C>

ケーレブ(Caleb)(男)…ヘブライ語の「勇気のある」「挑戦的な」「犬」。
 愛称は、ケールなど。

カルバン、カルヴァン(Calvin)(姓、男)…ラテン語の「禿げた」。
 英語形はカルヴィン。愛称は、カルなど。

キャメロン(Cameron)(姓、男、女)…古い英語の「曲がった鼻」。
 愛称は、カム(Camm Cam)など。

カミールカミーユ(Camille)(男、女)…大天使マカエル(意味は「神を見る者」)
 が語源のフランス語圏の名。
 派生名の女性名に、カミラ(Camila)、カミル、男性名にカミロなどがある。

キャンベル(Campbell)(姓、男、女)…フランス語の「美しい牧草地(農場)」
 からの英語名。

キャンディス(Candace)(女)…ギリシア語の「白熱状態」「非常に興奮した」。
 愛称は、キャンディ(Candy,Candi)など。

カーラ(Cara)(女)…ラテン語の「親愛なる」「貴重な」。
 又は、カールの英語形の女性形。

カーライル(Carlyle)(姓)…古い英語の「カール島」。

カルメン(Carmen)(女)…ヘブライ語の「庭」、「果樹園」。

カロラインキャロライン(Caroline)(女)…チャールズ(Charles)の女性形の
 英語形。
 カロリーナ
((Carolina ヨーロッパ全域)、カロリーヌ(Caroline フランス語形)、
 カロリーネ(Caroline,Karoline ドイツ語形)。
 愛称は、ケアリー(Cary)、カーリー(Carly)、キャロル(Carol)、カーラ(Cara)、
 キャリー
(Carrie,Carry)、カルラ(Carra)など。

カーター(Carter)(姓、男)…古い英語の「荷車の操縦者」、「軽装馬車の御者」。

カサンドラ(Cassandra)(女)…ギリシア神話のトロイの女王の名。
 愛称は、キャシー(Cassie)、キャス(Cass)、サンドラ(Sandra)、
 サンディ
(Sandy)など。

キャサリン(Catherine)(女)…ギリシア語の「純粋な」からの英語名。
 カトリーナ(Katrina)は変形。フランス語形はカトリーヌ(Catherine)。
 愛称は、キャシー(Cathy)、ケイティ(Katie)、ケイト(Kete)、キティ(Kitty)、
 キャディー(Caddie)、トリーナ(Trina)など。

セシリア(Cecilia)(女)…ラテン語のケキリア(「盲目の」)からの名。
 カトリック教会においてセシリアは音楽家と盲人の守護聖人。
 英語形、スペイン語形はセシリアセシリーア、   
  フランス語形はセシル(Cecil)、セシール(Cecile)、
  イタリア語形はチェチーリア、ドイツ語形はツェツーリア。 
 愛称は、セシリー(Cecily)、シシー(Sissy)、セリア(Celia)、セスなど。

セドリック(Cedric)(男)…ウェルシュ語の「恵み深き、寛大、壮観」。

チャド(Chad)(男)…古い英語の「好戦的な」「挑戦的な」。

チャンドラー(Candler)(姓)…フランス語の「ロウソク屋」。

チャニング(Channing)(姓)…古い英語の「知識のある、利口な」。
 又は「抜け目のない」、「知ったかぶり」。

チャールズ(Charles)(男)…古い英語の「男性的な」。
 カール大帝にちなんだ英語圏の男性名。
 愛称は、チャック(Chuck)、チップ(Chip)、チャーリー(Charlie)、
 チコ(Chico)など。
 フランス語形はシャルル(Charles)、ドイツ語形はカール(Carl)、
 スペイン語、ポルトガル語形はカルロス(Carlos)。

シャーロット(Charlotte)(女)チャールズの女性形。
 愛称は、ロティ(Lottie)、ロッテ(Lotte)など。
 フランス語形はシャルロット(Charlotte)=シャルルの女性形、
 ドイツ語形はシャルロッテ(Charlotte)。

クリスチャン(Chrstian)(男)キリスト(Christ)から派生した名。
 ギリシア語のハリストス(香油を注がれ神聖となった者」。「キリスト教徒」。
 愛称は、クリス(Chris)、クリスト(Christo)など。

クリスティーナ(Christina)(女)…クリスチャンの女性形。
 短縮形、愛称は、クリスティー(Christy)、クリス(Chris)など。

クリストファー(Christopher)(男)…ギリシア語のクリストフォロス(「キリストを
 背負う者」)の英語形。
 短縮形、愛称は、クリストフ(Christof,Kristof)、クリス(Chris,Kris)、
 キット(Kit)など。

クレーバーン(Claiborne)(姓)…古い英語の「地球の誕生」。

クレア(Claire)(女)…ラテン語の「明るい、輝く」。

クラレンス(Clarence)(姓、男)…ラテン語の「明白な、明るい」。

クラーク(Clark)(姓、男)…古い英語の「聖職者」。

クロード(Claude)(男)…ラテン語のクラウディウス(意味は「ラメ」(足の不自由
 な))のフランス語形。
 ローマ帝国第四代皇帝の孫クラウディウスは、吃音や足を引きずるなどの
 障害を持っていたことから。

クレメント(Clement)(男)…ラテン語の「慈悲深い」。愛称は、クレム(Clem)など。

クリントン(Clinton)(姓、男)…古い英語の「丘近くの町」。

コーディ(Cody)(姓)…アイルランド語の「助手、協力者」。

コリン(Colin)(姓、男)…アイルランド語の「青春時代」。

コリーン(Colleen)(女)…アイルランド語の「女の子」。

コナン(Conan)(男)…ゲール語の「高い」。

コナー(Conner)(姓)…アイルランド語の「望む、願う」。

コンラッド(Conrad)(男)…古いドイツ語の「勇敢な弁護人」。
 愛称は、コニー(Connie)、コート(Cort)、ラド(Rad)など。

コンスタンス(Constance)(男)…ラテン語の「誠実な、忠実な、熱心な」。

クーパー(Cooper)(姓)…ラテン語の「樽」。

コーラ(Cora)(女)…ギリシア語の「少女」。

コーデリア(Cordelia)(女)・・・コーデルの女性形。

コーデル(Cordell)(男)・・・ラテン語の「綱、縄」。

コーリー(Corey)(姓、男)…アイルランド語の「窪みから」。

コーネリア(Cornelia)(女)…ラテン語の「ツノ」。

クレイグ(Craig)(男)…アイルランド語の「ゴツゴツした岩山」。

クレイトン(Creighton)(姓)…古い英語の「入り江近くの町」。

カレン(Cullen)(女)…アイルランド語の「顔立ちが美しい」、「堂々とした」。

カーティス(Curtis)(男)…ラテン語の「法廷」。
 又は、古いフランス語の「礼儀正しい」。愛称は、カート(Curt)など。

シンシア(Cynthia)(女)…ギリシア語の「月」。
 ギリシア神話に登場する月の女神アルテミスの別名キュンティア
 英語読み。愛称は、シンディー(Cindie, Cindy)など。

シリル(Cyril)(男)…ギリシア語の「貴族に相応しい、威厳のある」。

 

※ <Baby Name Dictionary
   http://www.ivillage.co.uk/pregnancyandbaby/tools/babyname_gloss
 <Wikipedia>
 <Yahoo!JAPAN辞書>を参考にしています。

|

「名前の意味」…B

<B>

ボールドウイン(Baldwin)(姓)…ドイツ語の「勇気のある友達」。

バンクロフト(Bancreoft)(姓)…古い英語の「豆畑」。

バーバラ(Barbara)(女)…ラテン語の「外国から来た」。聖バルバラの英語読み。
 愛称は、バービー(Barby)、ボビー(Bobbie)など。

バークレー(Barclay)(姓)…古い英語の「樺の草原」。

バーネット(Barnett)(姓、男)…古い英語の「身分の高い男性」。

バリー(Barry)(姓)…アイルランド語の「槍の投手」。
 又は、ウェルシュ語の「ハリーの息子」。

ベアトリス(Beatrice)(女)…ラテン語の「幸せ」。

ベンジャミン(Benjamin)(姓、男)…旧約聖書『創世記』に登場する、
 ヤコブの十二番目の息子ベニヤミン(ヘブライ語の「右手の子」)からの名。
 愛称は、ベン(Brn)、ベンジー(Benji,Benjie)、ベニー(Benny,Bennie)など。
 パンジャマン(フランス語形)、ヴェニアミーン(ロシア語形)など。

ベンソン(Benson)(姓)…「ベンの息子」。

バーナード(Bernard)(男)…ドイツ語の「熊のように勇気がある」「挑戦的な」。

ベバリー(Beverly)(男)…古い英語の「ビーバーのいる草原」。

ビアンカ(Bianca)(女)…イタリア語の「白」。

ブレア(Blair)(男)…ゲール語の「平原から」。

ブロッサム(Blossom)(女)…古い英語の「(花のように)美しい」「愛らしい」。

ブース(Booth)(男、姓)…古い英語の「小屋」「仮屋」。

ボーデン(Borden)(男)…古い英語の「猪のほら穴の近くで」。
 又は、古いフランス語の「小さな家(コテージ)」。

ボイド(Boyd)(姓)…アイルランド語の「金髪」。又は「黄色の髪」。

ブラッドリー(Bradlley)(姓、男)…古い英語の「幅の広い牧草地、草原」。
 愛称は、ブラッド(Brad)、ブレーディー(Brady)など。

ブランドン(Brendon)(姓、男)…古い英語の「焼け付くような丘陵」。
 愛称は、ブランド(Brand)、ブラント(Brant)、ブレント(Brent)など。

ブレンダ(Brenda)(女)ブランドンの女性形。

ブライアン(Brian)(男)…ケルト語の「逞しい」「強固な」「断固とした」。

ブリジット(Bridget)(女)…アイルランド語の「断固たる」。
 ケルト神話に登場する女神の名ブリギッド(Brigid)から。

ブロンソン(Bronson)(姓)・・・古い英語の「ブラウンの息子」。

ブルック(Brook)(姓、女)…古い英語の「小川」、「流れ」。

ブルース(Bruce)(姓、男)…フランス語の「雑木林」、「灌木の茂み」。

バート(Burt)(男)…古い英語の「要塞都市」。 
 又は、アルバートバートンの愛称。

バイロン(Byron)(姓、男)…フランス語の「小屋(コテージ)、牛小屋」。


※ <Baby Name Dictionary
   http://www.ivillage.co.uk/pregnancyandbaby/tools/babyname_gloss
 <Wikipedia>
 <Yahoo!JAPAN辞書>を参考にしています。

|

「名前の意味」…A

この「名前の意味」は、私が興味本位で調べているものであって、
本来なら、公表出来るレベルのものではありませんし、
ブログに載せること自体、相応しく無いとも思っています。
言ってみれば、私の“自己満足”なのです。
もし、正確さを求められるのであれば、専門的なサイトに行かれることを、
お勧めします。

<A>

アベルアーベル(Abel)(姓、男)…ヘブライ語の「息子」「呼吸」。
 旧約聖書『創世記』に登場するアダムとイブの息子で、兄のカインに殺される。

アビガイルアビゲール(Abigail)(女)…ヘブライ語の「父は喜ぶ」。
 旧約聖書『サムエル記』歴代誌に登場するダビデの妻の名。
 愛称は、アビー(Abby,Abbey,Abbie)、ゲイル(Gail)など。

エイブラハム(Abraham)(男)…ヘブライ語のアブラハム(「信仰(民衆)の父」)
 の英語形。愛称は、エイブ(Abe)、アビー(Abie)、アブラ(Abra)など。

アダム(Adam)(男)…ヘブライ語の「土、人間」「地球」。
 旧約聖書『創世記』に登場する人類初の男性の名。
 アダモ
(Adamo イタリア語形)、エーディ(Adie アイルランド語、スコットランド語、
 ゲール語)、アダン(Adan スペイン語形)。
 アダムズ(Adams)、アダムソン(Adamson)は姓。

アデルアデ(adele)(女)…ゲルマン語起源のフランス語「Adhle」(「立派
 である」)の英語形。

アドルフ(Adolph)(男)…ゲルマン語の「高貴な狼」を意味するドイツ、
 北ヨーロッパの男性名。アドルフ・ヒトラーの影響で現在はあまり使われない。

アガタ(Agatha)(女)…ギリシア語の「良い、尊敬すべき」。
 愛称は、アギー(Aggie Aggy)など。

アグネス(Agnes)(女)…ギリシア語の「Magne」(純粋で)のラテン語形。
 少女達の守護聖人の名。愛称は、アギー(Aggie Agge)など。

アラナ(Alana)(女)アランの女性形。

アラン(alan)(男)…ケルト語の「調和」のブルターニュ語形。

アルバート(albert)(男)…ゲルマン語の「立派で明るい」。
 愛称は、アル(Al)、アルビー(Alby Albie)など。
 アルベール(Albert フ ランス語圏)、アルブレヒト(Albrecht  ドイツ語圏)、
 アルベルト(Alberto Albert  ヨーロッパ全域)など。

アレキサンダー(Alexander)(男)…ギリシア神話のアレクサンドロス(「戦士の 
 庇護者」)のラテン語形。アレクサンドル(Alexandre  フランス語形、)、
 アレハンドロ(Alejandre  スペイン語形)、
 アレクセイ(Aleksei Alexei  ロシア語形)などがある。
 短縮形、愛称は、アレック(Alec,Alek)、アレックス(Alex)など。

アレクサンドラ(Alexandra)(女)アレキサンダーの女性形。
 短縮形、愛称は、サンドラ(Sandra)、サンディ(Sandie)など。

アルフレッド(Alfred)(男)…古い英語の「賢い助言」。
 愛称は、アルフ(Alf)、アルフィー(Alfie)、アリー(Alie)、フレッド(Fred)、
 フレディ(Freddie)など。

アリス(Alice,Alyce)(女)…ゲルマン語の名アーデルハイト(短縮形はハイジ
 (Heide)(意味は「高貴、真実」)の英語形のアデレード(Adelaide)から派生した名。
 同系は、アリシア(Alicia ラテン語)、アリソン(Alison, Allison ドイツ語)、
 アデライド(フランス語)も同じ。愛称は、アリ(Ali)、アリー(Allie, Ally)など。

アマデウス(Amadeus)(男)…ラテン語の「神に対する愛」。

アマンダ(Amanda)(女)…ラテン語の「愛に」(Am're)からの名。 
 愛称は、マンディーなど。

エイモス(Amos)(男)…旧約聖書より「運ぶ、生まれる」。

エイミー(Amy)(女)…ラテン語の「最愛の人」からの古いフランス語の
 Ameeの英語形。

アナスタシア(Anastasia)(女)…ギリシア語の「目覚めた(復活した)女」。
 4世紀のキリスト教殉教者の聖大アナスタシアからの名。
 同系の名に、ステーシー(Stacey,Stacey)、ナターシャ(Natasha)、
 ターシャ(Tasha)など。

アンドルー、アンドリュー(Andrew)(男)…ギリシア語の「勇敢な戦士」。

アンジェラ(Angela)(女)…ギリシア語のアンゲロス(angelos)(「神の使い」)の
 英語形エンジェル(angel)“天使”が由来した名。

アン(Ann,Anne)(女)…ヘブライ語のハンナ(Channah 「神に愛される」)の
 英語形。
 愛称は、アニー(annie Anny)、ナン(Nan)、ナンシー(Nancy)など。
 アンナ(Anna  ギリシア語化したもので、英語圏、ドイツ語圏で使用される。)
 の他に、アネット(Annette Anette Anett  ヨーロッパ全域)、
 アンネ(Anne ドイツ語形)、アンヌ(Anne フランス語形)、
 アニータ(Anita スペイン語形)、
 アーンナ(ロシア語形、愛称は、アーニャ)などがある。

アンソニー(Anthony)(男)…ラテン語の「大変貴重な」。
 又はギリシア語の「全盛」。愛称は、トニー(Tony)、トニ(Toni)など。

アラベラ(Arabella)(女)…ドイツ語の「美しい鷲」。

アーチボルド(Archibald)(姓、男)…ゲルマン語の「勇敢、大胆」からのスコット
 ランド語形。愛称は、アーチ(Arch)、アーチー(Archie)など。

アーノルド(Arnold)(姓、男)…ゲルマン語の「統治者、鷲」のドイツ語形、
 及び英語形。愛称は、アーニー(Arnie)、アルノ(Arne)など。

アルテミス(Artemis)(女)…ギリシア神話の狩猟と出産の女神。
 ゼウスとレトの娘で、アポロンの双子の妹(又は姉)の名。

アーサー(Arthur)(男)…ウェルシュ、ケルト語の「英雄を運ぶ」。
 愛称は、アーティなど。

アスティン(Astin)(姓、男)オーガストの変形。

オードリー(Audrey)(女)…古い英語の「立派な強さ」。愛称は、オーディなど。

オーガスト(August)(男)…ラテン語の「素晴らしい」「堂々たる」「崇高な」。
 八月。愛称は、オーギー(Augie)、ガス(Gus)など。

※ <Baby Name Dictionary
   http://www.ivillage.co.uk/pregnancyandbaby/tools/babyname_gloss
 <Wikipedia>
 <Yahoo!JAPAN辞書>を参考にしています。

|

お知らせ

※ 「アボンリーへの道」で使われていた名前に関しては、

カテゴリー「アボンリーへの道」に「名前の意味」(1)~(5)として載せてあります。

|