« 針箱 | トップページ | 断捨離 »

針刺し

最初の「針刺し」は、小学校の家庭科で使うために、
母が作ってくれた「花」の針刺しでした。

本体は円形で、薄紫の細かい格子のウール地(母の洋服の余り切れ)、
周りの花びらは、ピンク色のトリコット(裏地)、
中身は、ぬかを煎ったものだったと思います。

その後、いくつ作ったかは覚えていませんが、
針が目立つように、布はいつも無地か無地に近いもの、
中に煎りゴマを入れた時は、すべりが良くて気に入っていましたが、
何年が使っているうちに、針穴より小さな虫が…
すっかり懲りてしまい、それからは専ら化繊綿を入れています。

「針刺し」で思い出すのは、子供の頃、母から、
「縫い針には、必ず糸を通しておくように」と言われたことです。
針刺しに潜りにくいし、落としても見つけやすいから…

天の邪鬼の私も、この言い付けは今も守っています。
…糸が長いと絡みやすいのが難点…。

20150416
(少し間引きせねば…)
 

|

« 針箱 | トップページ | 断捨離 »

* ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。