« 先祖 | トップページ | 卒業アルバム »

想い出を捨てる

「捨てられない病」だった母が反面教師となり、
小学生の頃から「捨てたい病」だった私は、
いつ死んでも恥ずかしくないようにと、日記は勿論のこと、
定期的に私物を処分しては後悔の繰り返しでした。

それでも、どうしても捨てられないものが積もり積もっていましたが、
数年前より、捨てる作業に拍車が掛かっている状態です。

というのも、ある人から、
「生きている間に遺品整理を…」と言わたから…

その時はかなり傷付きましたが、冷静に考えれば尤もなこと、
以来、まるで何かに取り憑かれたように常に頭から離れず、
私物だけでなく、家中の物を物色しているのです。

でも、「終活なのだから…」と自分に言い聞かせながらも、
いざとなると未練が残り、涙が出てしまうこともあります。

|

« 先祖 | トップページ | 卒業アルバム »

* ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。