« 『すらすら読める枕草子』…2 | トップページ | 「花子とアン メモリアルブック」 »

「朝市の嫁さん」

三週間も先…
と思っていたスピンオフドラマ「朝市の嫁さん」、
終わってしまいましたね。

いつも通り録画し観ましたが、90分(約)が、とても短く感じました。

「醍醐さんと吉太郎」も「宇田川先生と元夫」(夫役だった木庭博光さんに同情)
も、引き込まれてしまいましたが、
聡文堂の編集者の「求婚」には引きました…!

今回の主役は、ちづ江さんですから仕方ないのですが、
朝市派としては、朝市の登場シーンが思ったより少ないように感じました。

それに、「ちづ江」役の女優さんが美し過ぎたことも少々残念…
もう少し素朴な感じの女性の方が
「朝市が惹かれた人」らしいようにも思いましたが…。

ラスト近くの「本の部屋」での朝市に感動しました。
回想シーン、未公開シーンの朝市も素敵!

窪田正孝さん、有り難うございました。

|

« 『すらすら読める枕草子』…2 | トップページ | 「花子とアン メモリアルブック」 »

* テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。