« 「花子とアン」 | トップページ | 「花子とアン」 »

「花子とアン」

「Anne of Green Gables」がついに登場。

「アンのゆりかご」を読み、スコット先生のモデルは、
東洋英和女学校の教師ミス・クレーブでは?と思っていましたが、
「Anne of Green Gables」を託したのもスコット先生で意外…

というのも、「アンのゆりかご」では、
「Anne of Green Gables」を友情の証として村岡花子さんに託した人は、
開戦で帰国を余儀なくされたカナダ人婦人宣教師のミス・ショー
(Miss Loretta Leonard Shaw)でしたから。

ミス・ショーは、大阪プール女学校で教師を務めた後、
教文館(日本基督教興文協会)で働き、村岡花子さんの同僚でした。

ところで、はなが修和女学校に編入学したのは10歳の時で、
1939年(昭和14年)現在45歳…

ブラックバーン校長にしてもスコット先生にしても、
女学校当時と同じ外見で混乱しますが、これもドラマならではなのでしょう。

|

« 「花子とアン」 | トップページ | 「花子とアン」 »

* テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。