« 「花子とアン」 | トップページ | 「花子とアン」 »

前兆…?

日本だけでは無いでしょうが、国家権力やメディア等によって、
無意識のうちに世論がナショナリズムに傾いているような気がして怖いです。
ここ数年(安倍首相になって)、特にそう感じます。

こう書くと、“日本人ではないだろう!”と言われそうですが、
例えば、クールジャパン戦略にしてもそうですが、
バラエティ番組などで、過去現在において、いかに日本人が、
他国への技術援助や奉仕活動などを行い、感謝されているかとか、
日本に滞在中の外国人に、日本の素晴らしい点を語らせることによって、
「日本は素晴らしい国」「日本人に生まれて良かった!」
と自己満足に浸るようになるのです。

その一方で、外国に対し過去に日本が行った悪事を取り上げることは皆無に等しく、
また、海外の情報(特に近隣国)についてはマイナス面ばかりを流している。

反戦を唱えると売国奴と罵られることも異常ですが、
国際結婚した芸能人への誹謗中傷や盲導犬への卑怯な悪戯、
また少数派や弱者に対する差別や、少し前の「アンネの日記」破損事件、
ホームレスへの襲撃事件までもが、国家主義の影響に思えてしまいます。

思い過ごしでしょうか。

|

« 「花子とアン」 | トップページ | 「花子とアン」 »

* ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。