« 「花子とアン」 | トップページ | 「花子とアン」 »

「花子とアン」

大正12年(1923)9月1日(土)の正午前に関東大震災発生!

かよちゃんの恋は、悲しい結末を迎えてしまいました。

郁弥さんの率直なアプローチに、始めは戸惑いながらも、
次第に惹かれていく様子が、表情や、ちょっとした仕草で痛いほど伝わりました。

以前、ももちゃんの朝市くんへの報われない思いに涙しましたが、
三姉妹の中で、一番理解しにくかった恋心は、長女のはなさんでした。

ちなみに、郁弥さんのモデルの村岡斎さん(妻子がいました)は、
福音印刷横浜本社で被災し、建物の崩壊により、
職工70人とともに亡くなられたそうです。

また、儆三さん(英治さんのモデル)の前妻との息子嘉男くん(養子に出されていた)も、
大震災の犠牲となりました。

|

« 「花子とアン」 | トップページ | 「花子とアン」 »

* テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。