« まごたろうむし | トップページ | 獅子舞 »

カマイタチ

「孫太郎虫」の記憶が甦ったからなのかどうかは分かりませんが、
子どもの頃聞いた「カマイタチ」を思い出しました。

小学校1~2年生の時だったと思いますが、
休み時間が終わり、運動場から教室に戻ったクラスの男子が
スネから血を流し、何やらただならぬ様子。

その子が言うには、「何もしていないのに急に切れた」のだそうです。
すると誰かが、「きっとカマイタチの仕業だ…」と言い出したことから、
クラス中が色めき立つ中、何のことなのか理解出来ないでいる私に、
友達が、「鎌を持ったイタチの妖怪」について教えてくれました。

私は内心、「バカバカしい、そんなのいるはずが無い」と思いましたが、
意外なことに、担任の先生は「カマイタチ」の存在を否定しなかったのです。

|

« まごたろうむし | トップページ | 獅子舞 »

* 思い出」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。