« 『浮き雲』(1955・東宝) | トップページ | 「100分 de 名著」~フランツ・カフカ『変身』~ »

「グレーテルのかまど」

「グレーテルのかまど」という番組をご存じですか?

「グレーテルのかまど」はEテレで放送中のスイーツの番組で、
私は2ヶ月前に「樋口一葉のおしるこ」を偶然見たのですが、
雪の日に半井桃水のもとを訪れた一葉に、桃水が作ってくれたお汁粉のお話を再現した
美しくも儚く乙女心をくすぐられるような叙情的な内容でした。

こんなに素敵な番組があったとは…と感激したのですが、午後の5分番組だったため、
NHKによくある時間調整的(?)なものだろうと思っていたところ、
しばらく後、また偶然、土曜日の夜放送の「舞妓はんのゼリー」と「アメリのクリームプリュレ」
を見ることができました。25分番組でした。

お稽古帰りの舞妓さんが立ち寄るお店のゼリーは三種類で、
どれも数種類の季節のフルーツが入った、通常より3倍固い濃度のゼリー、
着物を汚さないためとか…
『アメリ』は私が好きな映画、あのカフェや映画のシーンが流れたので、
また映画が見たくなりました。

HPには写真付きの詳しいレシピが30種程紹介されていて、
(印刷用PDFもありました。)
最近は「スヌーピーのチョコチップクッキー」「ゴットファーザーのカンノーリ」
「ムーミンママのパンケーキ」が放送されたようでした。

特に「宮沢賢治のアイスクリーム」「坂本龍馬のカステラ」「赤毛のアンのチェリーパイ」
「ローマの休日のジェラート」「パリジェンヌのマカロン」が見たかった…

と言っても、私はスイーツ作り部分は二の次で、
スイーツに秘められた物語の美しい映像に惹かれているのです。

ところで、スイーツを再現するのは15代ヘンデルですが、
ヘンデルを指南する「かまど」の声(言葉遣いや喋り方)がとても嫌なんです。

じゃ誰だったら良かったの?と言われたら…
…もしもご健在だったなら岸田今日子さんかしら…

明日は「檀一雄の杏仁豆腐」、…忘れそう。

|

« 『浮き雲』(1955・東宝) | トップページ | 「100分 de 名著」~フランツ・カフカ『変身』~ »

* テレビ」カテゴリの記事

コメント

mimosaさんへ
コメントどうもありがとうございました。ご心配お掛けして申し訳ありませんでした。
体調は常に悪いです(笑)…取り憑かれている感じ…
「グレーテルのかまど」は数回しか見ていませんが、前半が気に入っています。
ニューヨークのカップケーキはどんなお話なのか楽しみです。録画予約しておきます。
LaLaTVの「アボンリーへの道」、今度こそ最終回(第91話)まで放映して欲しいですよね。

投稿: ミチ | 2012年5月18日 (金) 22:33

遅いコメントですみませんが、私も再開してくださって嬉しいです。やめてしまわれたのかな~、体調が悪いのかな~と寂しかったので。
「グレーテルのかまど」は素敵な番組のようですね。今度のニューヨークのカップケーキから見ようと思います。LaLaTVの「アボンリーへの道」再開もうれしい!アボンリーも私の好きな海外ドラマ(特に英国)が無くなってしまったので解約してAXNミステリーに入ったのですがアボンリーの第5シーズンを放映してくれるならまた加入するでしょう。
これからも、楽しみに読みますのでマイペースで更新なさってくださいね。

投稿: mimosa | 2012年5月18日 (金) 16:06

musettaさんへ
「グレーテルのかまど」と「猫のしっぽ カエルの手」は癒されます。25分間というのも嬉しい。
京都暮らしは昔からの憧れなので、とても羨ましいです。これ、前にも書きましたね。
ベニシアさんみたいに、自分の趣味を生かした毎日が送れたらいいのですが…叶わぬ夢です。
折角頑張って片付けたのに…ということってよくありますよね。
でも、いきなり来られて恥をかくよりはいいですよ。

投稿: ミチ | 2012年5月13日 (日) 20:21

「グレーテルのかまど」、雰囲気が素敵ですよね。

「猫のしっぽ カエルの手」は地元なので、ごく身近な友人やお店が出てきます。

いつも一緒に活動しているメンバーのご主人が出演された時、彼女は「TVが家に来る」と片付けに大騒ぎだったのですが、結果、撮影は外からだけだったそうです。

投稿: musetta | 2012年5月13日 (日) 11:46

mittleさんへ
「グレーテルのかまど」は映像が美しくて慰められます。
昨夜の「猫のしっぽ カエルの手」、私も見ましたよ。
どちらも再放送されていますが、把握していないのでなかなか巡り会えなくて…(笑)

投稿: ミチ | 2012年5月12日 (土) 14:15

katarohinaさんへ
私は昔からスイーツに限らず、あまり「食」に関心が無くて…半分死んでますね。
「グレーテルのかまど」もスイーツそのものより物語の方に興味があるのですよ。

投稿: ミチ | 2012年5月12日 (土) 14:12

私も一度だけ見ることができました。面白いコンセプトですね!

赤毛のアン と スヌーピーの回を見たかったです。
なかなかTV見る時間と好きな番組が合わないみたいで(泣)
昨夜は、久々に「猫のしっぽ カエルの手」を見ることができました。

投稿: mittle | 2012年5月12日 (土) 11:28

僕も「樋口一葉のおしるこ」見ました。一葉だからと思いますけどいいですねあの時代あの雰囲気。先日地元でルバーブを作っているステキなおばぁさんと話すことがありまして赤毛のアンに出てくるルバーブのパイがおいしいって言ってました。ルバーブのジャムも美味しいよね。

投稿: katarohina | 2012年5月12日 (土) 08:50

この記事へのコメントは終了しました。

« 『浮き雲』(1955・東宝) | トップページ | 「100分 de 名著」~フランツ・カフカ『変身』~ »