« ミス・マープル | トップページ | ドルマンスリーブのカーディガン »

『にごりえ』(1953・文学座)

今井正監督の『にごりえ』を見ました。

樋口一葉の短編を映画化したオムニバス映画(「十三夜」「おおつごもり」「にごりえ」)で、
三話とも素晴らしかったですが、中でも「十三夜」の後半、
おせき(丹阿弥谷津子)が偶然乗った人力車(芥川比呂志)の車夫が幼馴染みで、
お互い密かに恋心を抱いたまま別の世界の人となっていたのですが…

再会したのに感情を表に出すこともなく淡々と別れる場面があまりにも切なくて、
一番印象深かったです。
新劇のようにシンプルな映像も美しかったです。

「大つごもり」の放蕩息子の置き手紙ですが、
"みね(久我美子)の行動に気付いた息子(仲谷 昇)が、
義母(長岡輝子)への腹いせにお金を盗み、置き手紙を残した"
と思いたかったです。

「にごりえ」も悲しい…
美しい酌婦(淡島千景)に財産を使い果たし、どん底に落ちてしまった一家、
しかも諦めきれない夫(宮口精二)に対し激しく罵る妻(杉村春子)…

言いたくなるのも当然、言いたいのも理解出来ます。もちろん言うべきです。
でも言われなくても、自分が一番分かっているのですから…
あそこまで言ったら逆効果では…?
そう思う私は男性に甘過ぎるでしょうか?

女中や酌婦は言うまでもなく、
たとえ大家の奥様であっても女に人権など無かった時代の悲しいお話ばかりですが、
三話とも、今でもありそうなお話です。

他に、山村 聰、賀原夏子、荒木道子、岸田今日子など、文学座総出演。

|

« ミス・マープル | トップページ | ドルマンスリーブのカーディガン »

* 映画」カテゴリの記事