« キャッシュカード…続き | トップページ | 『回想の山道』 »

夢の中で生きている…

もう二度と、会うことは出来ない…
話すことも、もう二度と出来ない…

そう思うと、つらくて苦しくて、一月くらい泣いてばかりいました。

何を見ても思い出してしまう、何をしていても思い出してしまう、
食事中も、雑用をしている間も、涙は止まりませんでした。

わたしは、今なぜここにいるの…?
いつの間に、こんな歳になってしまったの…?

わたしの青春は終わっってしまった。と、その時感じました。

あの世が信じられる人が羨まいい。と、心から思いました。

もしかしたら、あるのかも知れない…
と考え、死ぬのは怖くないと、初めて思いました。

「碌山美術館へ行こう」と言われたのに、わたしのせいで実現しなかった…
あげるつもりで買った本も、わたしの手元に残ったまま…
泣き過ぎて出来てしまった目の下の隈は、消えませんでした。

……
二度と会えないはずなのに、時々そっと会いに来てくれる…
あれからもう十八年の月日が経ってしまったというのに…

いつも夢の中のわたしは、
“…生きていたのね…あ~よかった!…”と、心から喜んで…
でも、目覚めた時の空しさと言ったら…

お願い、
夢の中でもいいから、時々会いに来てね。
本当は、睡眠中も忘れていない私の方が会いに行っているのだけど…

|

« キャッシュカード…続き | トップページ | 『回想の山道』 »

* ひとりごと」カテゴリの記事

* 思い出」カテゴリの記事

コメント

katarohinaさん、どうもありがとう。
katarohinaさんの方が辛い時なのに逆に慰めてくださって恐縮です。
寂しい話がしたいといつも思いますが、もう泣いていませんから安心してくださいね。
今はkatarohinaさんと同じく、「感謝」の気持ちです。
「あの路」、次に図書館へ行くときのために予約しましたよ。
楽しみ…。

投稿: michi | 2011年4月22日 (金) 10:48

大丈夫さ
目をつむれば、あの路がある
きみがぼくを見ている
ぼくは歩きつづける

Mon ami a' trois pattes
「あの路」
山本けんぞう:文
いせ ひでこ:絵

この絵本がそんな時にはいいと思います。
泣かないでね。

投稿: katarohina | 2011年4月22日 (金) 09:48

この記事へのコメントは終了しました。

« キャッシュカード…続き | トップページ | 『回想の山道』 »