« 高速料金の不払いで「終身刑」… | トップページ | 『菩提樹』 »

目覚まし時計

元々朝は弱い私でしたが、
年と共に益々起きられなくなってしまいました。

こうなったら、目覚まし時計に頼るしかないと、
近くのお店まで行ってきました。

30~40位の種類の中から一目で決まった時計は、
見本だけで在庫が無い…

予約注文すれば来週には買えるとのことでしたが、
再度出掛けるのも面倒なので、
「これじゃ駄目でしょうか?」と聞けば、(どこかで聞いたような台詞…笑)
「そちらでよければどうぞ」との返事。

代金を支払おうと、紙幣を差し出すと、
応対してくれた販売員の男性(40歳前後?)は、
「○○円からお預かりしてよろしかったでしょうか?」と言いました。

私は平静を装って、「はい…」とだけ答えましたが、
内心は可笑しくて。
最近は何でも略すのに、丁寧過ぎますよ。
丁寧と言うより、何かヘン…
「○○円お預かりします」でいいのにね。

もし私が機転が利く人間なら、
「よろしかったですよ」と笑わせたのに、惜しかったわ。

20110114a

よく年を取ると目覚めが早いと言いますが、根拠があるのかしら?
それとも、私や私の周りの人たちが例外なの?

目覚まし時計で起きられなかったら、どうしましょう。

|

« 高速料金の不払いで「終身刑」… | トップページ | 『菩提樹』 »

* ひとりごと」カテゴリの記事