« 『感謝と謝罪』 | トップページ | 水木しげる『妖怪画談』 »

捨てられないもの…(3)

これも私が捨てられないのではなく、母が捨てられなかったものです。

私が小学5~6年生の頃に着ていた機械編みのカーディガンなのですが、
半世紀近く経った今も、虫食いもなく当時のままだったので、
渡された時は、浦島太郎になった気分になりました。

実はこのカーディガン、嫌いだったのですよね。
まず色が嫌…
グリーン系は好きですが、黄緑は嫌いな雨蛙を連想してしまって…

それ以上に嫌だったのが、当時流行っていたラメでした。
それも、銀一色ならまだしも、三色のラメ…陽にあたるとキラキラするし…
でもイヤとも言えず、我慢して着ていたのです。

それにしても、自分が処分出来ないからって、
どうして私に寄越すのかしら…

保存係を引き継げってこなのでしょうが、
「要らないから捨てる」とか「捨てた」とか言えば、
「もったいない!」と悲しがるに決まってるから、それも言えないし…

解いて何かを編めば喜ぶのでしょうが、
今も好きじゃないのよ、この色もラメも…

20101025 20101025b 20101025c

|

« 『感謝と謝罪』 | トップページ | 水木しげる『妖怪画談』 »

* 思い出」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。