« 「シタフォードの謎」(アガサ・クリスティー) | トップページ | 中国という国 »

中国船長釈放

きのうの「中国船長釈放」のニュース…
呆れ果てた、と言うか、情けないと言うか…

でも、いつものように、結局はそうなるだろうと予想はしてましたが…
「地検が独自の判断」と言っても、そんなの信じる人はいませんよ。

先日、香港の地図収集家が、
「尖閣諸島は歴史的に中国の領土だと証明する古地図を所持している」
というニュースがありました。

古地図には、
尖閣諸島を示す釣魚島を、福建省地域の方言で表記されていたことから、
中国メディアは、
「中国人が先に島を発見して名付けたことを証明する証拠だ」とし、
よって、「歴史的に中国の領土だと証明出来る」…
あまりにも幼稚過ぎて、可笑しくなってしまった。

最初に発見した人のものなら、アメリカはイタリアのもので、
チベットも樺太も、中国のものではないことになるわけです。

尖閣諸島は、1951年のサンフランシスコ条約で日本の領土が確定していて、
中国発行の地図でも、1970年代までは日本領と明記されていたそうです。

領有権を主張し、子ども達にも教育という名の洗脳をし出したのは、
尖閣諸島周辺の海底に大量の地下資源が存在すると確認されてから…
まるで、海賊…恐ろしい国。

船長は釈放され、戻れば英雄扱いになるのかも知れません。
日本は、中国政府から謝罪と賠償を請求されるとのこと、
逮捕された4人の日本人は死刑になるのでしょうか?

資源のない国は弱い…大丈夫なの?この国は…
日本も、台湾やチベットのようにされてしまうような気がしてきました。

|

« 「シタフォードの謎」(アガサ・クリスティー) | トップページ | 中国という国 »

* ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

チベットの侵略は勿論資源目的。滑稽なのは、中国人は「竹島は日本の領土だが、魚釣島(尖閣諸島)は中国の領土」と主張し、韓国人は「尖閣諸島は日本の領土だが、独島(竹島)は韓国の領土」と主張している。と言うことは、どちらも日本の領土ということになりますよね。中国も韓国も国際司法裁判での決着を拒否するのは、正当性を自ら否定している証拠だと思います。いずれ沖縄も事実上中国のものとなるのでしょう。竹島のように…どうします?

投稿: Michi | 2010年9月26日 (日) 21:58

折り合いのつけ方の問題なんだけどね。軽やかに、さわやかにつけてやろうよ。道理をわきまえてね。と言ってるだけなのにヤクザの論理にはまりこんでしまたね。そのうち、福建省日本自治区になって向こう10年間は日本茶を作らずウーロン茶を生産せよと言われるんだ。日本の外交は、ピントがずれているから。太刀打ちできないだろう。チベットを独立を応援しないといけないね。明日は、わが身だもの。

投稿: katarohina | 2010年9月26日 (日) 18:07

この記事へのコメントは終了しました。

« 「シタフォードの謎」(アガサ・クリスティー) | トップページ | 中国という国 »