« お花見 | トップページ | 鬱金桜(ウコンザクラ) »

童謡と唱歌

新学期だからでしょうか、
毎年この時期になると、童謡が聴きたくなるのです。
今年も例年のごとく、いつも用事をしながら童謡や唱歌を聴いています。

童謡は20代の頃から大好きで、よく、レコードを買っていましたが、
類は友を呼ぶようで、友だちの多くが童謡が好きだったから、
レコードやCDをダビング・編集しては交換し合っていました。

下の『唱歌』は、土居裕子さんの歌声が聴きたいばかりに買ったCDで、
聴く度に、森林浴をした後のように清々しい気分になれるのです。

20100408a 左上『決定版 こころの童謡』(3枚組)
左下『唱歌』
右上『小鳩くるみ ベスト』(2枚組)
右下『愛しき歌』…小鳩くるみ・叙情歌
↓題名

20100408b 20100408c 20100408d 20100408e

童謡歌手は、小鳩くるみさん、松島トモ子さん、川田姉妹、安田姉妹くらいしか
知りませんでしたが、
YouTubeの「doushiyokaさんのチャンネル」には昔の童謡が沢山あり、
大勢の童謡歌手がいたことを知りました。

でも、目的は歌だけではないのです。
古い童謡の絵本を眺めては、いつも癒されているのです。

遙か昔、私にも童謡の絵本がありました。
とても美しい絵本が…

最初のページは、確か、私が一番好きな「朧月夜」、
最後は馬に乗った花嫁さんの「雨降りお月さん」だったような…
なぜ一人で行くのか、なぜ濡れて行くのか…と不思議に思いながらも、
あまりに悲しそうで、お嫁さんにはなりたくないと思ったものでした。

出来ることなら、もう一度、あの絵本にあいたいな…

|

« お花見 | トップページ | 鬱金桜(ウコンザクラ) »

* ひとりごと」カテゴリの記事

* 思い出」カテゴリの記事