« 「裁判員へ ~元死刑囚・免田栄の旅~」 | トップページ | COOL JAPAN …恥(Haji) »

服装の乱れ

よく「服装の乱れは非行の始まり」などと言いますが、
まあ、そう言うこともあるのでしょうが、必ずしもそうとは限らない気がします。

私が通っていた高校は県立なので、私学ほどは厳しくはなかったのですが、
それでも、今の時代からみたら、相当おかしな規定もありました。

たとえば、スカート丈は、床上がり何センチとか…
(身長がそれぞれなのに、まったくナンセンスだと私は思っていましたが…)
セーラー服の背中のカラーから、ネクタイの三角の角を出しては駄目だとか…
(駄目な根拠が分からなかった…)
服装では無いですが、カバンは金具のある蓋側を自分に向けるとか…
(すれ違った時、相手を傷付けないため…これは納得してました。)

ほとんどの生徒がそうなように、
私自身も、真面目の上に何かが付く、野暮天タイプだったので…今もですが、
制服をどうかしようなどとは考えたこともなかったのですが、
いつの時代でも、規則を破る生徒は必ずいるもので、
背中のカラーから、三角形のネクタイを大きく出したり、
セーラー服の上着の脇にスナップを付け、細身のラインにしてしまったり、
髪をカラーで巻いていたり、ビューラーを使い、マスカラを付けていた子もいました。

そのことで、教師から注意を受けていたかどうかは知りませんが、
だからといって、学業や、生活面で問題があったという噂は聞いたことがありません。
ただ、ちょっとだけ、他の生徒より、お洒落に目覚めていただけなんです。

制服の乱れは別として、
日本人に金髪やドレッドヘア、またピアスも似合わないなどと言っても、
変えていくのは、いつの世も若者…そう、坂本龍馬もブーツでした。

袴に編み上げブーツスタイルも、今では女子大生の卒業式の定番ですが、
最初にブーツを履いた大正時代のハイカラ女学生だって、
頭の固い大人達からは非難されたのでしょう。
いえいえ、昔は、おじさんだって着物に帽子を被っていました。
(ついでながら、戦前、自転車で女学校に通っていた私の母は、
周囲から「おてんば」と言われ、見物されたそうです。)

そう言えば、昔、女性の流行歌手が、着物にイヤリングを付けていましたが、
別に変とも思わなかったです。
それも、かなり大きいイヤリングだった記憶があります。

センスが良いとか悪いとか言うのも、あくまで好みの問題で、
「誰が見ても…」ということなどは有り得ないのだし、
いいじゃないですか、好きな格好をさせてあげても、個性を認めてあげても…

(オリンピック選手とは関係ありません。念のため…)

|

« 「裁判員へ ~元死刑囚・免田栄の旅~」 | トップページ | COOL JAPAN …恥(Haji) »

* ひとりごと」カテゴリの記事

* 思い出」カテゴリの記事