« 悪口や愚痴を言う人 | トップページ | 「北アルプス大縦走(後編)」(2) »

「そう言えば あの時あのうた」

木曜と金曜の夕方6時50分から放送している
「そう言えば あの時あのうた」という番組を時々観ています。

水曜と木曜が邦楽で、金曜が洋楽、たった5分間の放送ですが楽しみ…
でも、観たいと思いながらも、時間が時間なので見損なうことが多いのです。

昨夜の放送は、何とか見ることが出来ました。
1971年でした。

「シェリーにくちづけ」と「ノックは3回」の2曲と、流れた映像は、
ビキニ(水着)の流行、画家山下清の死去、ベトナム帰還兵、文化大革命…
どの映像も、ついこのあいだに思えるのに、38年も経ってしまったとは…

戦争で片腕を失った上半身裸の帰還兵や、勲章を放り投げてる長髪の帰還兵、
その反戦集会の映像は、トム・ハンクスの『ホレスト・ガンプ』を思い出しました。

反戦歌手(フォーク)といえば、ジョーン・バエズやボブ・ディラン、
それに、PPM(ピーター・ポール&マリー)が浮かびます。
そのマリー・トラヴァースさんは、先日白血病のため亡くなられました。
享年72歳…時の無情を感じられずにはいられません。

でも、よい音楽というのは、いつまでも残りますから。
「シェリーにくちづけ」や「ノックは3回」だけではなく、シルビー・ヴァルタンも。
それに、ビートルズ、サイモンとガーファンクル、カーペンターズ、
当時のアイドルグループのモンキーズやベイ・シティ・ローラーズ…
それより前のエルヴィス・プレスリーにしても、今聴いても新鮮です。

歌詞の意味は分からなくても、歌声も音の一部として楽しんでいました。

|

« 悪口や愚痴を言う人 | トップページ | 「北アルプス大縦走(後編)」(2) »

* テレビ」カテゴリの記事

コメント

そう、「Song for Megumi」でしたね…
マリーさん、どうもありがとう。天国でゆっくりお休みください。

北山修さんの詩(詞)は、優しい雰囲気と、空や風などといった自然が感じられるから好きなのですよ。無常観も漂ってますが…
音楽の教科書にも載っていますから、ご存知なのは当然ですよね。失礼致しました。
お若いI LOVE アボンリーさんもお好きと知り、とても嬉しいです!

投稿: Michi | 2009年9月20日 (日) 16:28

拉致問題に関する歌は「Megumi」でしたよね。
マリーが、白血病を発症して2年後くらいに来日したのではなかったでしょうか?


「風」大好きですよ☆

他2曲も好きです♪

詞も曲調もやわらかな3曲ですね。
優しい曲がお好きなんですね☆

投稿: I LOVE アボンリー | 2009年9月20日 (日) 09:50

PPMは色んな活動もされていたのですよね。拉致問題とかも。
本当に残念でした。
I LOVE アボンリーさんも、フォークがお好きだったのですね。
私は日本のフォークも好きですよ。特に、北山修さんの詩が好きでしたね。
「白い色は恋人の色」や「あの素晴らしい愛をもう一度」といった…
でも、一番好きだったのは「風」という曲です。
♪ 人は誰もただ一人旅に出て~~ご存知ですか?

投稿: Michi | 2009年9月20日 (日) 00:14

マリーが亡くなったことは、本当にショックでした・・。

8年ほど前に、PPMのコンサートに行きましたが、レコードと変わらない歌声に感動しました。。

ボブ・ディランやサイモン&ガーファンクル、カーペンターズも大好きです☆

投稿: I LOVE アボンリー | 2009年9月19日 (土) 22:40

この記事へのコメントは終了しました。

« 悪口や愚痴を言う人 | トップページ | 「北アルプス大縦走(後編)」(2) »