« 不眠症 | トップページ | 『天使と悪魔』 »

不眠症…(2)

みんな寝静まっている夜更けに、自分だけが眠れず焦っていた女の子は、
大人になっても寝付きの悪いままでした。

友達と泊まった旅先の宿でも、疲労困憊の状態で辿り着いた山小屋でも、
ようやく、ウトウトし出すのは、いつも朝方になってから…

「焦っては逆効果、眠れなくても心配ない…」人はそう言います。
そう、眠れなくても大丈夫!
一人だけの秘密の時間を持てるのですから…

布団の中で横向きに寝たまま読書したり、手紙を書いたり
(夜書いた手紙はそのまま投函したら危険、必ず読み直してからでないと…)
又は、空想の世界に浸ったり…

空想は、多分、小学生の頃からだったと思います。、
登場人物やストーリーの他に、家の見取り図などもノートに書いたり…

現実とは程遠い裕福な家庭環境、容姿にも才能にも恵まれてる自分…
それは眠らなくても夢の世界でした。
途中で本当に夢の中に入ってしまうから、次の晩は、続きから空想したりして。

そんな自分は異常なんだと、誰にも言わずにいましたが(これが初めて)、
12歳の頃に、Eの付くアンと出会ったことで、
“アンもそうだったのね!”とほっと胸をなで下ろしたのです。
(アンの空想は、夜だけじゃないのですが…)

空想(妄想じゃないですよ。空想ですよ。)は、大人になっても続いていました。
…いえ、現在進行形なのです。

|

« 不眠症 | トップページ | 『天使と悪魔』 »

* 思い出」カテゴリの記事

コメント

現実との区別が付かないほどの空想(妄想)は困りますが、
少しばかりの空想は、代わり映えのしない日常に彩りを添えてくれますからね。

ILOVE アボンリーさんのブログ、ジャネット伯母さんの気持ちで読ませて頂いてます。
コメントは、心の準備が出来てからにしますね。

貼るって、リンクのことですよね?
もちろん構いませんよ。恥ずかしいですが…。

投稿: Michi | 2009年9月 7日 (月) 15:11

その通りです☆☆

Anneと出会ってから、空想に、より拍車がかかってしまいましたが、Anneの言う通り「想像力のかけらもない人」の人生より楽しいです☆☆

ときに、おばけの森のように、怖い((゚Д゚ll))ときもありますけど(笑)


夢の続きを見れる!私もですよ(^O^)/


ブログ、読んで下さって嬉しいです☆
コメントは、IDなくても書けますが、無理しないで下さいf^_^;
まだ、アン好きな方もお一人しか出会えてないのですよ(^^ゞ
ただの文句だらけな日記で、申し訳ないです。。


たまに好きな詩を書いたりしますが・・
少しずつ趣味の話も増やそうと思っているところです(^_^)


Michiさんのことを、ブログに書きたいのですが、よろしいでしょうか??
貼り方は分からないので、ブログ名を書いたり・・だと思うのですが・・。

投稿: ILOVE アボンリー | 2009年9月 7日 (月) 11:09

この記事へのコメントは終了しました。

« 不眠症 | トップページ | 『天使と悪魔』 »