« 『空からの花束』 | トップページ | はやし歌 »

おべんと付けて…

太田治子さんの『空からの花束』の中に、
…ごはん粒付けてどこいくの?」というのがありました。

懐かしい…
ほっぺに御飯粒を付けている子に、よく言ったものでした。
多分、幼稚園以下の頃だったのでしょうが…

ただ、私達が言ってたのは少し違っていて、
おべんと(お弁当)付けてどこ行くの~富士山行くならもっと付けよ!
でした。土地柄ですね。

はやし歌といえば、思い出したくもない、こんなのもありました。
みっちゃん みちみち~~」…この先は書きたくない…

何もしてないのに、名前に「みつ」とか「みち」が付くというだけの理由で、
言われるのですよ。
私もその一人でした…

そういうのは大抵男子で、悪気が無いことは分かっていましたが、
内心では、「バカじゃないの?」と軽蔑してました。

とにかく、イヤ~な気分でした。

|

« 『空からの花束』 | トップページ | はやし歌 »

* 思い出」カテゴリの記事