« 立秋 | トップページ | 当世浴衣美人 »

夏休み

半分寝ぼけたままラジオ体操に行き、第1と第2が終わったら、
首から下げたカードへ、6年生の会長(子供会の)の子に判を押して貰う。
そのためだけに、みんなラジオ体操に行っていたようにも思えます。

午前中は、近所の友達と夏休みの宿題をやったり喋ったり、
昼食後には、寝茣蓙の上で1時間ぐらい昼寝して、その後はひたすら遊ぶだけ。

「夏休みの友」や「ドリル」は、さっさと片付けてしまうのに、
自由研究、工作、写生、読書感想文などは後回し…
毎年、最後になって焦る結果となるのです。

特に読書感想文が苦痛でした。
本は好きでも、課題図書は読む気がしない本ばかり…
いつの時代も、読ませたい本と、読みたい本は一致しないのです。

夏休みの絵日記には、天気と気温も記入するようになっていましたが、
どんなに暑い日でも32~33度位で、そういう日は多くなかったような気がします。

それに、毎日のように夕立があったような記憶がありますが…?

|

« 立秋 | トップページ | 当世浴衣美人 »

* 思い出」カテゴリの記事