« 誕生日 | トップページ | 「おめでとう誕生日」 »

八十八夜と「ちゃっきり節」

♪~夏の近づくく八十八夜
   野にも山にも若葉が茂る~~

今日5月2日は、立春から数えて八十八日目、
この辺りでは、もう随分前から新茶は出回っていて、
先月、駅では毎年恒例の新茶のサービスが行われていました。

新茶だけでなく、茶筒を開けた時の清々しいお茶の香りは、
疲れた頭と心をリフレッシュさせてくれますね。

♪~唄はちやっきりぶし 男は次郎長
   花はたちばな 夏はたちばな 茶のかをり
   ちやっきり ちやっきり ちやっきりよ
   きやァる(蛙)が啼くんて(「で」は間違い)雨づらよ

“ちゃっきり”は、お茶の葉を刈る鋏の音(茶切りからとも)、
“蛙が鳴いているから、(明日はきっと)雨になるでしょうね。”
という意味なのですが、身近に茶畑は無かったし、
親の世代でも使われていない言葉だったから、
子供の頃は、意味が分からなかったです。

全国的にも有名な「ちゃっきり節」ですが、
地元の人でも、この曲が民謡ではなく、元々はコマーシャルソングということを、
知っている人は案外少ないのではないでしょうか。

この曲、1927年(昭和2年)に開園した狐ヶ崎遊園地のCMソングとして、
静鉄(静岡鉄道、当時は静岡電気鉄道)が依頼して作られたものなのだとか。
(作詩:北原白秋、作曲:町田嘉章(まちだかしょう)、唄:市丸)

(当初、白秋は「きやァろ(蛙)が啼くので」と書いたのですが、
その後、長田恒雄(静岡出身)から、“方言では「啼くんて」”と言われ、
改めたそうです。)

私が知っている歌詞は1番だけ、2番は何となく聞いたことがある程度、
3番に至っては、存在さえ知らなかったのだけど、
実はこの曲、30番まであったのです…驚きました。
(分からない方言ばかり…)

全部の歌詞はこちら。

「ちゃっきり節」 (作詩:北原白秋 作曲:町田嘉章)

(1) 唄はちやっきりぶし    (2)茶山 茶どころ       (3)駿河よい国
    男は次郎長               茶は縁どころ           茶の香がにほうて
    花はたちばな             ねえね行かづか         いつも日和の
    夏はたちばな             やぁれ行かづか         沖は日和の
    茶のかをり               お茶つみに             大漁ぶね
※ ちやっきり ちやっきり    ※~※繰り返し         ※~※繰り返し
    ちやっきりよ
    きやァるが啼くんて
    雨づらよ ※

(4) さァさ また行こ       (5)日永 そよかぜ       (6)昔や火のなか
    茶山の茶つみ             南が晴れて             草薙さまよ
    日本平の                 茶つみ鉄の             いまは茶のなか
    山の平の                 そろた鉄の             茶山、茶のなか
    お茶つみに               音のよさ               茶んぶくろ
    ※~※繰り返し           ※~※繰り返し         ※~※繰り返し

(7) 山で鳴くのは          (8)帯はお茶の葉        (9)歌へ 歌へよ
    やぶ鴬よ                 鴬染よ                 茶山の薮で
    茶つみ日和の             あかい襷の             ほれてうたわにや
    晴れた日和の             そろた襷の             そろてうたわにや
    目のとろさ               ほどのよさ             日がたたぬ
    ※~※繰り返し           ※~※繰り返し         ※~※繰り返し

(10)どんどどんどと       (11)お山見れ見れ       (12)龍爪雲れば
    積み出すお茶は           あの笠雲を             港は風よ
    茶摘み娘の               ねえね着て出や         富士の芝山
    歌で娘の                 けさは着て出や         明けの芝山
    摘んだ葉茶               管の笠                 雲ばかり
    ※~※繰り返し           ※~※繰り返し         ※~※繰り返し

(13)出たよ ぼんやりこと  (14)お茶清水へ         (15)なにくよくよ
    月待ち雲が               お月さんは山へ         お茶揉み 葉揉み
    さきの茶山の             晩にや蜜紺の           月に狐も
    宵の茶山の               ぬしと蜜紺の           浮かれ狐も
    はしに出た               花のかげ               揉みに来る
    ※~※繰り返し           ※~※繰り返し         ※~※繰り返し

(16)夏ぢゃ 五月ぢゃ      (17)お茶の茶山の       (18)茶の寛とんとろりと
    新茶ぢゃ 粉茶ぢゃ        茶の木のなかで、       しめ木にかけて
    やァれ えれえれ          おまっち何というた     かはいおまっちの
    しもて えれえれ          いつか何というた       じつはおまっちの
    ごせっぽい               お茶山で               髪あぶら
    ※~※繰り返し           ※~※繰り返し         ※~※繰り返し

(19)せめて 賊機          (20)しづや賊機         (21)焼津 やかれつ
    浅間さまよ               浅間さまの             ねて見つ 興津
    とんとからりとも         しろいお馬よ           さった女房を
    ついぞからりとも         三保へお馬よ           かはい女房を
    沙汰はない               なぜ逃げた             三保の松
    ※~※繰り返し           ※~※繰り返し         ※~※繰り返し

(22)三保の羽ごろも       (23)三保の海苔舟       (24)久能で思へば
    根上り松よ               けさまだ寒い           月夜のばらす
    いまはお藷の             せめて棹さそ           いつも苺の
    干したお藷の             連れて棹さそ           しろい苺の
    蔓ばかり                 逆さ富士               花が咲く
    ※~※繰り返し           ※~※繰り返し         ※~※繰り返し

(25)おまへ 龍華寺        (26)積めよ 積め積め    (27)なにをぼったってる
    蘇鐵の花よ               米松、井桁             吐月峯か おぬし
    いつか忘れた             濱はざさんさ           とんと煙管で
    ほろと忘れた             松にざさんさ           云なにや煙管で
    頃に咲く                 浪の音                 はたいたろ
    ※~※繰り返し           ※~※繰り返し         ※~※繰り返し

(28)今夜来なけりゃ       (29)ほれて通へば       (30)やっさ もっさよ
    手越のお灸だ             田圃も畦も             お茶屋の前は
    きっと安倍川             わたしゃ首ったけ       まっちゃ おまっちゃ
    待つに安倍川             とんと首ったけ         あっちゃ おまっちゃ
    きなこもち               じるっくび             はりこんぼ
    ※~※繰り返し           ※~※繰り返し         ※~※繰り返し

|

« 誕生日 | トップページ | 「おめでとう誕生日」 »

* ひとりごと」カテゴリの記事