« 選挙 | トップページ | 「フェリックスのお手柄」 »

「この胸のときめきを」

その昔、「この胸のときめきを」(You Don't Have to Say You Love Me)
と言う曲が大好きでした。

この曲はエルヴィス・プレスリーも歌っていて、彼の声もとても魅力的なのですが、
私は、ダスティ・スプリングフィールドの、
何とも切ないハスキーな高音部に魅せられていました。

私はずっと、ダスティ・スプリングフィールドのオリジナル曲と思っていたのですが、
実は、カンツォーネのカヴァーなのだそうですね。

スローで、発音もはっきりしているので、
英語の苦手な私も、大体の歌詞を覚えられましたが、でも意味の方は今一つ…
雰囲気から、失恋の歌なのでは?と思ってはいましたが、
動画サイト(YouTube)に訳詞付き「この胸のときめきを」があったのですよ。
しかも意訳です。

同じ投稿者の訳詞付き動画には、ジリオラ・ティンクエッティや、
サイモン&ガーファンクル、アバなどといった今も新鮮な懐かしい曲などもあって、
その人のサイトを覗いて見たところ、複雑な裏事情があるようでした。
削除されてしまった動画も数多くあったそうです。

と言うことで、削除されないうちに、
幾つかの訳詞付き動画をダウンロードしておきました。

ところで、ダスティ・スプリングフィールドは、10年程前に亡くなられていたのですね。
知りませんでした。まだ、そういうお歳でも無かったのに残念です。

彼女の曲では、私達の世代のアイドル、ベイ・シティ・ローラーズがカヴァーした、
「二人だけのデート」(I Only Want To Be With You)という曲も有名です。
この曲は、覚えやすいメロディーで明るい曲ですよね。 

|

« 選挙 | トップページ | 「フェリックスのお手柄」 »

* 思い出」カテゴリの記事

コメント

対象が何であっても、いいじゃないですか!
ときめきがあるうちは青春時代…
幾つになっても、ときめき続けていたいものですよね。
お互いに…。

投稿: Michi | 2009年4月 2日 (木) 13:39

「出ていった恋人を待つ私の恋はまだ終っていない」 俵 真智ふうに言えばこんなとこでしょうか。「この胸のときめきを」名訳ですね。どこからこの言葉をひねりだしたのか?日本人の感性って凄いな。英語のように「愛してるなんて言わなくていいから」なんてタイトルでしたらあまり売れなかったでしょうね。エルビスはDon't you knowと歌っていますがダスティはDon't you seeですね。男と女のとらえ方の違いが出て興味深いですね。僕も今までこの歌の意味がはっきりとわからなかったのですが今改めて歌詞を見ると歳だからか分かるような気がします。それにしても、もう人にはときめかなくなりました。食べ物にはすごくときめくのですが・・。When I said I needed foods ・・なさけない・・・・。

投稿: katarohina | 2009年4月 1日 (水) 22:20

この記事へのコメントは終了しました。

« 選挙 | トップページ | 「フェリックスのお手柄」 »