« 「悲しみをこらえて」 | トップページ | 楳図かずおさんの家 »

貧乏性!

先日、実家に帰った時、紙袋一杯の端切れを貰ってきました。
貰ったと言うより、正しくは、渡されたのですが。

中には、手付かずのツィードの着分も有りましたが、
他はすべて、見覚えのある着物の残り布ばかり。

「要らなかったら捨てて…」と母は言うけれど、
洋裁で出た端切れでさえ、中々捨てられないというのに、
着物の残り切れは、尚更捨てられないのですよ。
(洋裁と違って長方形だから。)

生地なら、着分の物から切り売りの物、何かを作るつもりで買った物、
それに端切れ等々、衣装ケースに何杯もあるれだけでも手一杯なのに、
どうするの?

私は物に執着が無くて、割と何でも処分できる性分ですが、
本と生地だけは、中々処分出来ないのですよね。

でも、私以上に布を捨てられないはずの母が、
少しずつ片付けだしたことに、複雑な思いがしました。

さて、何を作ろうかしら…?

|

« 「悲しみをこらえて」 | トップページ | 楳図かずおさんの家 »

* ひとりごと」カテゴリの記事