« 東京国際キルトフェスティバル2009 | トップページ | 「女と男~最新科学が読み解く性~」 »

COOL JAPAN・・・大人(Adults)

1月12日が「成人の日」なので(多分)、今回のテーマは「成人」。

外国人に比べ、日本人は、外見的に若く見えるとは聞きますが、
中身も異常に子供っぽく感じるそうなのです。

自分の意見を言わない事や、親から自立していないところとか、
(首相からして)大人が漫画を読んだり、秋葉原のメイドカフェに夢中になったり、
子供の様な服装で、幼稚な(ブリッコ)喋り方の若い女性達とか…

来日した当時は、若い女性の喋り方に驚いたそうです。
「知性が無いように見える。嘘っぽくて嫌い。」なんだとか…

昔は、少しでも大人っぽく、知性的に見られたいと思ったものでしたが、
最近はそうとばかりは言えないみたい…

充分若いのに、より若く(子供っぽく)見られたいのでしょうか?
幼く見える方が、男性にもてるのでしょうか?
知的より、少々お馬鹿さんの方が可愛いと思われるから?
日本人は、自分より劣った人に、優越感や安心感を覚えるのかも知れませんね。
特に男性は…

ところで、外国には、個人的に成人を祝う事はしても、
日本の様な「成人儀礼」は無いそうです。

外国人が評価した「成人式」なのに、
最近の、場を弁えない、ごく一部の新成人の振る舞いには、
「情け無い」としか言いようがありません。
自己顕示の表れなのか、酔った勢いなのか、愚かな姿を自ら曝すだなんて…

こういう人達のせいで、「最近の若者は…」なんて言われてしまうのですから、
他の若者が可哀想…本当に迷惑。
今年の式典は、どうだったのでしょう?

その昔、形式主義を嫌うあまり、市主催の式に参加しなかったばかりか、
成人式の振袖を着せたいという、親の達っての願いを頑なに拒み、
晴れ着も作らせなかった私…

全く後悔はしていませんが、親不孝には反省しています。

|

« 東京国際キルトフェスティバル2009 | トップページ | 「女と男~最新科学が読み解く性~」 »

* 「クール・ジャパン」(NHK)」カテゴリの記事

コメント

直ぐ本来の姿に戻れる、本物の白妙なんですね。
私は白鳥とは程遠い、悲しきチキンなのです…。

投稿: Michi | 2009年1月17日 (土) 00:09

上のブログの男と女の脳の違いかもしれませんが、michiさんのほうが本格的な白鳥のような気がします。僕は、鈍珍漢(頓珍漢ではなく)なので、染められてもスグ色落ちする安物の布なんです。夏が過ぎ冬がきても白たえの衣干すてふなのです。でも、本物はわかるんですよ。

投稿: katarohina | 2009年1月16日 (金) 22:15

katarohinaさんは、信念を持って何色にも染まらず、自由に漂っているのですね。
羨ましいです。
私は色んな青に少しずつ染まりながらも、群れには入れない一羽でしかありません。
でも、目立つのが嫌いで、とても無口ですから、そうは思われていないでしょうね。

投稿: Michi | 2009年1月16日 (金) 14:49

僕も成人式には行ってないです。アンチテーゼで生きるのが若者と思ってましたから。それに、大人たちが逆らえるほどのパワーを持っていた時代でしたからね。空威張りを繰り返してましたね。でも、その心意気で白鳥のように何にも染まず漂って生きてきたような気がします。今の人は、同じように漂っても楽に染まってというか、楽な方へと流れているのではと思いませんか。時代が違うと言われればそうなんですが。大人に核がないから、アンチテーゼも生まれないのでしょう。今の大人は、アンチエイジングだけに夢中だから若者も幼稚になるのです。自分達の責任なの?あまりにも、組織や形式をないがしろにして来たから?いえいえ青年は、どんな時代でも生きる信条を持っているものなのです。と信じたい。

投稿: katarohina | 2009年1月15日 (木) 21:24

この記事へのコメントは終了しました。

« 東京国際キルトフェスティバル2009 | トップページ | 「女と男~最新科学が読み解く性~」 »