« 2008年大晦日 | トップページ | ゲーム »

2009年元日

あけまして おめでとうございます。
2009年になりました。

お正月といっても、我が家は普段通りですが、
私が子供の頃のお正月は、絵に描いたような昭和のお正月でした。

母親に起こされ、半分寝ぼけながら、先ず、毎年恒例の初詣…
と言っても、子供会(隣組の最小単位~10人前後の小学生)の伝統で、
何故か、「寒稽古」と呼んでいました。

六年生がリーダーとなり、神社まで走って(駆け足)行ってお参りし、
その後、海岸まで走り、初日の出を拝むというものなのです…

見慣れた住宅街や商店街の中ではあっても、
夜明け前の暗い街並みは、ちょっとしたパラレルワールドでした。

帰りは、すっかり明るくなった街を、仲良しの子と喋りながら、だらだら歩き、
家を出てから、30分後には戻っていたよう気がします。

家族揃ってお雑煮を食べ、お年玉を貰ってから、学校に行きました。
校長先生の挨拶や、校歌と君が代、「一月一日」を歌いました。

帰り道、男子は、
♪「…松竹(まつたけ)でんぐり返して大騒ぎ~芋を食うこそ○○○~」
と歌っていたりしていました。

学校から戻ると、女の子達は着物を着せて貰い、
おかっぱの髪を、暖めた火箸を使ってカールして貰ってました。
松島トモ子ちゃん、小鳩くるみちゃんといった、童謡歌手のように…

普段はしないのに、お正月だけは、
羽根つき(失敗しても墨は付けなかった)、
男の子は、凧揚げ、独楽まわしをして遊んだのも懐かしいです。

|

« 2008年大晦日 | トップページ | ゲーム »

* 思い出」カテゴリの記事