« お手玉 | トップページ | お手玉…その後 »

卒園アルバム

片付けしていて、はるか昔の、卒園アルバムを見つけみました。
現在も続いているこの幼稚園の歴史は古く、卒寿を迎える父も通っていました。

赤い表紙には、金色で押された園の徽章と、「幼き日のおもかげ」の文字、
開けば、薄紙に覆われた懐かしい写真の数々…

まず現れたのは、12月8日の成道会(じょうどうえ)の時の写真。
そこには、
 「ののさまに あげましょ きれいな おみづ(水) 」
の文字が印刷されていました。
昔の幼稚園は、仏教系が多かったようですね。

毎日、♪~ ののさまに あげましょ きれいな  お水 ~
    ののさまに あげましょ きれいな お花~
と歌っていました。
(偶然ですが、私の子供も、(別の)幼稚園で、同じ歌を歌っていました。)

集合写真の先生方は、誂えの、きちっとしたスーツやワンピース姿ですが、
PTAの役員のお母さんの中には、和服に下駄履きの人もいました。

卒園生のクラス名は、まるで宝塚みたいな「ゆきぐみ、にじぐみ、つきぐみ」、
私は、にじぐみでした。
各クラス50人前後と、昔は園児数が多かったです。

運動会の写真では、やはり、「はだし足袋」を履いていましたが、
驚いたのは、先生方も園児(女子)も、スカートだったこと・・・

まだジャージが無かったとは言え、
運動会でさえ、当時の女性のほとんどは、ズボンを履かなかったようです。
(小学校の運動会では、女性教師は、濃紺のサージ製の
膝下丈キュロットスカートでした。)

半世紀も昔のことなのに、一枚一枚の記憶がしっかり蘇ります。
写真に残されていればこそ、思い出は消えないものなのですね。

|

« お手玉 | トップページ | お手玉…その後 »

* 思い出」カテゴリの記事