« 『若草物語』(1964) | トップページ | ウルルン2008…エジプト、シーワオワシス »

紙石鹸

「紙石鹸」と言っても、紙の石鹸ではないですよ。
そんなこと、当たり前ですね。

昔、大抵の女の子達は、「紙せっけん」を持っていました。
つまり携帯用ハンドソープですね。

見た目は、下敷きを名刺より小さくした感じで、
いい匂いがして、色は、赤、緑、黄などあって、友達と交換し合ったりしましたね。

でも油断すると、石鹸同士が、くっ付いてしまうので、
水分にはご用心…
ただ、どんな容器に入っていたのかは、記憶がないのですね。

ネットで調べてみたところ、今でも紙石鹸は売られていましたが、
昔の感じとは、ちょっと違いました。

何か安っぽいと言うか、オモチャぽいというか…
色も、一色しかないみたいでした。

色のせいなのか、ビニールケースだからなのか…?
いえ、きっと、今の私の年齢がそう感じさせていたのでしょう。

ところで今は、ハンカチすら持たない女性もいるのだとか…
ハンカチが無くても、困らない時代なのでしょうね。

以前は、刺繍入りなどの女の子らしいものや、大判で実用的なものなど、
3枚位はバッグに入っていましたが…

写真は、市販のハンカチの周囲を小さくカットして、レースの縁飾りを施したもの。
遙か昔の手作りです。

20080706

|

« 『若草物語』(1964) | トップページ | ウルルン2008…エジプト、シーワオワシス »

* 思い出」カテゴリの記事

* 手作り」カテゴリの記事

コメント

I LOVE アボンリーさま、いつもコメントありがとうございます。
私達の子供の頃は、紙石鹸は「おもちゃ」としてではなくて「小間物」感覚、
言ってみれば、“レディのたしなみ”のつもりだったのかも知れません。
確か、文房具屋さんで売っていたように記憶してます。

私にとって手芸は、あくまで作るのが目的なんですね。使いたいからではなく。
このハンカチも、使ったことが無いような・・・。

投稿: Michi | 2008年7月 6日 (日) 23:50

紙石鹸☆私も子供の頃持ってました!
私の記憶ではオモチャみたいな物でしたよ♪
おしゃまな女の子用の、set(手鏡、偽お化粧道具ナド…)に入ってました。

写真のハンカチ素敵ですね☆
子供の頃の将来の夢は、アボンリーの主婦たちの様に、働き者でなんでも手作りする代表ジャネットでした!
編み物や刺繍の本を買って、練習しましたが…
実際は、編み物は下手だし、子育てに奔走する手抜き主婦になりました(笑)

今でもそうめんゆでながら、ジャネット目指してます!

そんなハンカチを作ってしまう主婦になりたいです♪

投稿: I LOVE アボンリー | 2008年7月 6日 (日) 16:31

この記事へのコメントは終了しました。

« 『若草物語』(1964) | トップページ | ウルルン2008…エジプト、シーワオワシス »