« 『「赤毛のアン」の生活事典』 | トップページ | 日光・月光菩薩 »

筆記体

最近の中学校では、英語の筆記体を教えないみたいですね。
うちの子も、筆記体は習わなかったと言っていました。

私達の頃は、中学生になりたての、まだABC~もあやふやな時、
真っ先に習うのが、アルファベットの書き方でした。

ブロック体(当時は活字体と言っていました。)と筆記体の、
大文字と小文字を、ラインの入った英語のノートに、
繰り返し書いて練習したものでした。

授業で使う書体は、
教師が黒板に書くのも、生徒がノートを取るのも、全て筆記体でした。

当時は、中間・期末などのテストも、教科の先生が、ガリ版で作っていました。
ロウ紙(パラフィン紙?)に鉄筆で書いて(切って)…
当然、テスト用紙も、生徒の答案も、筆記体でした。

そのせいか、今でも筆記体で書いてしまいます。
筆記体の方が断然早いし、書きやすいです。
ブロック体(特に小文字)は書きにくいのです。

筆記体は書く人の個性が出るので、現代人には読みにくいかも知れませんが、
覚えれば便利だと思いますが…

今では、先生自身も筆記体を書けないのかも知れませんし、
受験に関係ないことは、教えないのかも知れませんね。

|

« 『「赤毛のアン」の生活事典』 | トップページ | 日光・月光菩薩 »

* ひとりごと」カテゴリの記事

* 思い出」カテゴリの記事