« 6月のクリスマス | トップページ | 50年前のクリスマス »

クリスマス・ケーキ

小さい子供がいない我が家では、クリスマス・ケーキを買うことはありません。
ケーキの準備をしなくなってから、どのくらい経つでしょうか…

子供が小さかった頃は、下手ながらもケーキを作ったり、ツリーを飾ったりと、
キリスト教徒ではなくても、世間並みなことをしましたが…

私の子供の頃も、12月の中旬になると、
ケーキ屋さん(不二家?)が、クリスマス・ケーキの注文を取りに来ました。

クリスマス・イブの午後に届けられたケーキは、現在のケーキより美しくて、
とても、夕飯後まで待てず、気になって仕方なかったものでした。

当時のクリスマス・ケーキは、バタークリームのデコレーションでした。

純白のレースペーパーの上のケーキには、
淡いピンクのバタークリームで作られたバラの花、
そこには、アラザン(小さな銀色の粒)が散りばめられていました。

“Merry X'mas”と書かれたチョコ・プレート、
ドレンドチェリーとアンゼリカ、作り物のヒイラギなどとともに、
なぜか、小さなキャンドルまであって…

でも、見た目の美しさとは裏腹に、
味の方は、美味しいとは言い難かったのです。
それでも、毎年楽しみな年中行事の一つでした。

その後、アイスクリームのクリスマスケーキが発売されましたが、
エアコンの無かった当時、買ったことは無かったです。

初めて生クリームのクリスマスケーキを知った時は、
余りの美味しさに感動しました。

|

« 6月のクリスマス | トップページ | 50年前のクリスマス »

* 思い出」カテゴリの記事