« お風呂の疑問 | トップページ | 4月27日 »

『新日曜美術館』

“印刷や映像ではなく、実物を見なければ本当の良さは解らない。”
美術館に行く度に、それを実感します。
それでも、なかなか美術館に行かれない人にとって、
「新日曜美術館」は、救いの番組です。

私もその一人、太田治子さんがアシスタントをされてた頃から、
お気に入りです。
思いがけず、身近な美術館の情報が出たりするので、
“アートシーン”も、おろそかに出来ません。

ただ、一つだけ不満があって…
ゲストや学芸員が話している際、なぜ顔だけを映し続けているのでしょう?

少しでも多くの作品を見たいのに…
顔を映さなければいけないのなら、
画面の隅に小さく映すぐらいにして欲しいものです。

毎回そんな不満を感じながらも、見続けている私…

|

« お風呂の疑問 | トップページ | 4月27日 »

* テレビ」カテゴリの記事