腰痛

持病の腰痛が悪化し、2週間以上ほぼ寝たきり状態でした。

数日前から痛みに耐えながらも歩けるようになりましたが、
まだ油断は出来ません。

早く散歩に行きたいな~

| | コメント (0)

「ソーイング・ビー」

最近では簡単なものしか作りませんが、
お裁縫好きの端くれとして気になるのは、地直しなんです。

腕を競うためだけの作品とは分かっていますが、
それはそれとして、最近のは地直しの必要が無いのかしら。

ところで、シーズン1で、
ソーイング歴70年のアンさんが優勝したのは当然。
縫い目だけでも違いが一目瞭然でした。

アンさんが切りじつけをしていましたが、
思わず「そうよね!」と言ってしまいました。

綿や麻は別として、私も切りじつけ派です。

| | コメント (0)

ソーイング・ビー

10月から放送の「ソーイング・ビー」も次回で13回目となります。

「すてきにハンドメイド」は「おしゃれ工房」時代から、録画を毎週予約していますが、
最近では参考にしたいものがないので、途中で消すことも多いのです。

一方「ソーイング・ビー」は、面白くて何度も繰り返し観ています。

ただいつも気になるのは、
与えられたテーマを、減点承知で意図的に守らない人が数人いることです。

途中で指摘されても、
「この方がきれいだから」とか「やれば出来るのよ」などと言う。

自由というか、何というか、お国柄なのかも知れませんが、
融通の利かないタイプの私は、スッキリしません。

| | コメント (0)

アボンリーのクリスマス

「アボンリーへの道」(1990~1996)終了の2年後にカナダで放送された
「アボンリーのクリスマス(Happy Christmas,Miss King)」も、
Amazonプライムで観ることが出来ます。

タイトル通りへティ・キングがメインのお話ですが、
第一次世界大戦中ということで、アボンリーにしては暗めてす。

主要人物も限られ、ガスとジャスパーは名前のみの登場、
セーラ、イジー、デイビー、ドーラなどは話題すらありませんでした。

出演が決まっていたマイケル・マホーネンさんは、
何らかの理由で降板されたそうです。

ガスファンにとってはとても残念・・・
もう20年以上も前のことですが。

| | コメント (2)

ご無沙汰しています。

何年も放ったらかしにしてすみません。

いろいろあって、“もう無理"と思っていましたが、
また書いてしまった身勝手をお許しください。

実は最近、アボンリーの風に吹かれていて、、、

ご存じの方も多いでしょうが、
Amazonプライムで「アボンリーへの道」(全7シーズン91話)
が観られます。
ただし字幕版でカットされたものです。

“字幕”はむしろ嬉しいのですが、
やっぱり“ノーカット”で観たかった~
海外のサイトでなら叶えられますが・・・

英語を勉強しておかなかったことが悔やまれます。

| | コメント (2)

土鈴

土鈴はお土産品としても珍しくはありませんが、
音色、形ともに惹かれるものには、なかなか出会えないものです。

201504221 201504222
手前中央は、日本三大土鈴の一つ、山梨県御岳金桜神社の「虫切り鈴」

201504223 201504224
その後ろは、白馬で見つけた「馬土鈴」
裏には「槍は星空 杓子は月夜 恋しい白馬は雪明り」が…

201504225 201504226
左の草鞋付きは「馬子乃鈴」
右は夜叉神峠(南アルプス)の「なんじゃもんじゃ」(雨ふらせ)

201504227
一番のお気に入りは、朱と緑が塗られた「くまおい」の鈴
音も形も素朴で優しいです。

処分するつもりだったのに、ついうっかり振ってしまいました。

| | コメント (0)

「桜を見る会」

今日は穀雨…
景色も桜からツツジに移っています。

ところで、先日、新宿御苑にて、
総理主催の「桜を見る会」が開催されたそうですね。

記事によれば、各界の著名人2万人に招待状が送られ、
1万5千人が参加されたとか。

招待状、食事、飲み物、記念品、その他諸々…
下々の私には想像つかない位の費用が掛かったことでしょう。

総理主催ということは、当然、歴代総理が負担しているのでしょうね。
まさか税金で賄われているのではないでしょうね。

秋には「菊を見る会」もあります。

| | コメント (0)

断捨離

相変わらず私物整理を続けています。
昨日はDVDを130枚くらい(一部)捨てました。

購入したものは、ごく僅かで、
以前NHKBSで放送した時の寅さんシリーズ(48本)や、
映画、ドキュメンタリー番組など、
老後の楽しみの為に編集保存したものがほとんどです。

売ったり人に譲ったりせず、
全てゴミとして処分するつもりなので辛い、
未使用品や新品同然の書籍などは尚のこと…。

| | コメント (0)

針刺し

最初の「針刺し」は、小学校の家庭科で使うために、
母が作ってくれた「花」の針刺しでした。

本体は円形で、薄紫の細かい格子のウール地(母の洋服の余り切れ)、
周りの花びらは、ピンク色のトリコット(裏地)、
中身は、ぬかを煎ったものだったと思います。

その後、いくつ作ったかは覚えていませんが、
針が目立つように、布はいつも無地か無地に近いもの、
中に煎りゴマを入れた時は、すべりが良くて気に入っていましたが、
何年が使っているうちに、針穴より小さな虫が…
すっかり懲りてしまい、それからは専ら化繊綿を入れています。

「針刺し」で思い出すのは、子供の頃、母から、
「縫い針には、必ず糸を通しておくように」と言われたことです。
針刺しに潜りにくいし、落としても見つけやすいから…

天の邪鬼の私も、この言い付けは今も守っています。
…糸が長いと絡みやすいのが難点…。

20150416
(少し間引きせねば…)
 

| | コメント (0)

針箱

裁縫箱というものは、あまり入りませんよね。

私も母が買ってくれた昔ながらの針箱がありますが、
予備の針、ダブルルレット、ノミ、パンチなど普段使わないものや、
ゴム紐類、裁ち鋏ぐらいしか入れていません。

201504141 201504142

最低必要なものは、お菓子の空き缶に入れていますが、
裁ち鋏も入れたいので、あり合わせの段ボールと包装紙で、
裁縫箱を作ってみました。↓

201504143 201504144
机の横の戸棚に入れておくためフタは省略…
深さ12cm、片手で持てます。

…鎌倉彫の針箱と空き缶は処分します。

シャッペやボビン、手縫い糸、ボタン、スナップ、ファスナー、
バイアステープなど、その他諸々は6つの専用の引き出しに、
その他は、押し入れ収納ケース4個に納めてあります。
…少しずつ減らしていかなければ…。

| | コメント (0)

«選挙